So-net無料ブログ作成

アルター 1/8 前川みく *[Asterisk] Ver. [フィギュア]

アルターの1/8スケールフィギュア、「前川みく *[Asterisk] Ver.」を少し撮ってみました。アイドルマスター・シンデレラガールズから、解散芸が持ちネタの漫才コンビ アイドルユニット“*”(Asterisk)の、みくにゃんです。


Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 AEJ











Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8 AEJ




Makro-Planar T* 60mm F2.8 AEJ



総質量 134g、ベース直径 10cm、ベース厚さ 6mm、ベースを含む展示時全高 20.5cm、展示に要するスペースはおよそ11cm四方です。どのアングルから見ても可愛さいっぱい、しかもアルター製品の例に漏れず品質面での問題もなく、購入にも不安はありませんでした。目の光沢が強くて光源をよく反射するので撮影には円偏光フィルターを使いましたが、睫部分の反射には最後の最後まで悩まされました。

このみくにゃんはアスタリスク・バージョンなので、アスタリスクの付いたレンズを使ってみましたw



OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ(ISO 200, 絞り優先AE)
OLYMPUS Capture

Carl Zeiss/富岡光学 Tessar T* 45mm F2.8 AEJ
Carl Zeiss/京セラオプテック Makro-Planar T* 60mm F2.8 AEJ

GITZO CREMAILLERE2 G212
Manfrotto 410
FUJIFILM VARI-ANGLE GA


テッサーというレンズ構成の来歴はあっちこっちにこれでもかと腐るほど書いてあるので省略。昭和の初めに写真の道に入った古い写真マニアにツァイスのテッサーの名を口にするときに最敬礼せんばかりの敬意を表される方を見かけたことがありますが、3群4枚のこのレンズは他にライツのエルマーやコダックのエクター、あるいはオリンパスの初代ペンのD.Zuiko 28mm F3.5など、銘玉といわれるレンズが数多くあります。しかしながらレンズ構成がたった4枚なので収差の補正にはトレードオフが付きまとい、一般的には多くの場合、中間画角での非点収差が大きいという特徴を持ちます。

ツァイスがヤシカと提携して一眼レフのCONTAXを送り出した当時、ヤシカとツァイスは年2回の定例連絡会議を開いていて、その席上でヤシカ側が提案したのが、今回使ったTessar T* 45mm F2.8 AEJです。ヤシカの提案を受けてツァイスが設計し富岡光学で生産されたこのレンズは、従前のテッサータイプのレンズとは異なり、像面湾曲を抑え非点収差を抑え込む設計が施されました。その代償として、このレンズは非常に大きな球面収差を持つことになり、絞り操作による焦点移動が大変に大きなレンズになりました。アサヒカメラ1983年1月号によるとF2.8の開放から2段絞ったF5.6までの焦点移動は0.1mm、3メートルちょうどの距離にある被写体に開放でピントを合わせてからF5.6に絞ると、ピントが3メートル45センチの位置に移動すると解説されています。このAEJのテッサーは、絞りリング上ではF8が緑で示され、ピントリングにはおよそ4mの位置に緑の逆三角マークがあります。両方ともこの緑の位置にセットして常焦点とすることで速写性が得られ、小型で携帯性にも優れることからスナップ用途に最適なレンズという位置づけです。

Tessar T* 45mm F2.8 AEJは1982年に¥19,000で発売されましたが人気がなく、数年を経ずして生産が打ち切られました。実はテッサータイプは1960年代から70年代半ば過ぎ頃まで、主に国産コンパクトカメラで自動露出の電子回路にかかるコストを吸収する目的で乱用されて、さらにストロボの内蔵に伴うコストの増加に対応するしわ寄せで硝材のグレードも下げられ、年を追うほどに画質が落ちていきました。その影響で“テッサー=安かろう悪かろう”の印象が広がっていて、顧客が寄りつかない状況になっていたようです。

ところが、生産打ち切りから程なくしてパンケーキ・レンズのブームが到来。このレンズも中古が人気化して、一時は5万円の価格が付いたといいます。また、コンパクトカメラの世界ではAFの実用化に伴い、像が甘いとピントが合わないとクレームが付けられかねないため、硝材のグレードを上げたり、テッサータイプを放棄してレンズの構成枚数を増すなどの対策が採られるようになって、テッサータイプの悪評も忘れられていったようです。

1992年秋、シャッタースピード優先AE・プログラムAEにも対応したTessar T* 45mm F2.8 MMJが¥37,000で発売されました。リニューアルに当たって光学設計も見直され、画像中心から半画角19度近くまで非点収差が完全に抑え込まれました。その反動で球面収差はAEJよりさらに増大、レンズ外縁での補正過剰量がAEJの+0.08mmから+0.14mmへ拡大して、F2.8の開放から2段絞ったF5.6までの焦点移動は0.14mm、3メートルちょうどの距離にある被写体に絞り開放でピントを合わせてからF5.6に絞ると、ピントは3メートル80センチの位置に移動すると、アサヒカメラ1993年6月号にあります。

このレンズで「被写界深度の浅い絞り開放状態の方が、よりシビアなピント合わせが可能なのは確か」などとのたまうプロの言葉を盲信すると、いつまで経ってもピンぼけばかり量産し続ける羽目に陥ります。ミラーレス機登場以降のオールドレンズ界隈(ミラーレス機登場以前には「オールドレンズ」などという呼び方は存在しませんが)では、プロが書いたものほど信憑性が乏しい傾向にあるのですが、これはとても不幸なことだと思います。




nice!(62)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 62

コメント 6

アニ

みくにゃんのファン辞めます☆
by アニ (2016-09-05 17:42) 

(た)

アニさん、ありがとうございます♪

>みくにゃんのファン辞めます☆
みくにゃんのファン辞めて前川さんのファンになります♪
by (た) (2016-09-05 18:40) 

yossy

こんばんは^^

みくにゃん可愛いですね!
アルターの安定した造形とクオリティが素晴らしいです♪
自分もアキバで量産品の実物を見て衝動買いしたく
なったほどですw

テッサーは枚数が少ない故の技術的な苦労があったのですね^^
でも枚数が少ないおかげで抜けがいいように感じます。
今のレンズはやたら枚数が多く、これもコンピューターの回析技術の
賜物なんでしょうけど^^;
味のあるこうしたレンズはもう作られないんでしょうね。

勉強になりました^^
by yossy (2016-09-06 01:33) 

(た)

yossyさん、こんにちは。ありがとうございます♪

>みくにゃん可愛いですね!
可愛いですよ!
デコマスがあまりに可愛かったから予約開始直後に予約入れちゃいましたけど、期待を裏切らない可愛さです(^^)
ほんと、可愛いですよ♪

>アルターの安定した造形とクオリティが素晴らしいです♪
さすがはアルターっていう感じの仕上がりですよね。

>テッサーは枚数が少ない故の技術的な苦労があったのですね^^
収差の補正はレンズの枚数が多いほどやりやすいらしいですね。

>今のレンズはやたら枚数が多く、これもコンピューターの回析技術の
>賜物なんでしょうけど^^;
AFの高速化でフォーカス群を軽量化する必要があるとか、光学手ぶれ補正では補正レンズを高速高精度で制御するために軽量化する必要があるとか、加えて硝材にも環境保護の規制で鉛など使えない元素があるとか、今のレンズは縛りがきついみたいですね。

>味のあるこうしたレンズはもう作られないんでしょうね。
ロシアのメーカーが古いレンズの復刻をやってたりしますが、どれぐらい売れてるんでしょう?
味よりも使いやすさの方が訴求力が高そうですし。

>勉強になりました^^
いえいえ、古い記事を持ち出して受け売りをやってるだけで、お恥ずかしい限りです(^^;
by (た) (2016-09-06 11:31) 

水銀

(た) さん、こんにちわ

元気いっぱいのみくにゃんらしさが凝縮された逸品ですね。それにしても、この笑顔は何度見ても可愛くて惹き込まれます(≧◇≦)
拡大して見てここまでとは1/8とは思えない仕上がりは、さすがアルターさんですね♪

あらゆるところの出来が完璧で、褒める以外の言葉が見当たりませんw
笑顔はもちろんのこと、微妙なサイズのお胸、ガーターベルトで釣り上げたタイツ(?)やエナメルブーツの皺表現など素晴らしいです♪

>Tessar T* 45mm F2.8 AEJ
このレンズはあまり良く知らなかったのですが、写真を見る分では軽く絞ってもカリカリとはならずに柔らかさを持っているにも関わらず、コントラスは高い目というなかなか絶妙なバランスのレンズのようですね(^^)
それが、みくにゃんの可愛らしさと衣装の派手さとよくマッチしているのではないかと思います(^^;

それにしてもテッサーにまつわるお話・・・詳しい事は知りませんでしたが、なかなか興味深い話ですね。

完全無収差レンズなん物は作れるものじゃないですから、どこを残すかとそのバランスで個性が現れるわけで。それ故に強烈な個性を持つ物が現れるのが面白いのがレンズの奥深さですね♪
余談ですが、像面湾曲の補正を諦めてフイルム面を湾曲させた写ルンですは凄いと思います(^^)

>プロが書いたものほど信憑性が乏しい傾向
うがった見方をすれば、もっともらしい偽の情報を与えてアマチュアの上達を阻害し、プロの立場を安泰にする作戦かもしれませんよ?w
by 水銀 (2016-09-06 16:38) 

(た)

水銀さん、こんにちは。ありがとうございます♪

>この笑顔は何度見ても可愛くて惹き込まれます(≧◇≦)
元気で可愛い笑顔で、みくにゃん、どこから見ても可愛いです(^^)

>1/8とは思えない仕上がりは、さすがアルターさんですね♪
文句の付けようがないですよね。マクロレンズに耐えるとは、さすがアルターだと思います。

>あらゆるところの出来が完璧で、褒める以外の言葉が見当たりませんw
ほんとに見所が多いですよね。しっかり作り込まれていて仕上げもいいから、見ていて飽きないです。

>微妙なサイズのお胸、
斜め後ろから撮りながら、あれ?意外にあるのかな?とか思ったり(^^;

>なかなか絶妙なバランスのレンズのようですね(^^)
F5.6を中心にして使ってますが、撮り終えてみて、適度に柔らかくて良かったように感じました。おっしゃるとおり、コントラストも高いですよね。
ゾナー85mmと迷ったんですけど、こっちにして良かったように思ってます。

>みくにゃんの可愛らしさと衣装の派手さとよくマッチしているのではないかと思います(^^;
ありがとうございます!
せっかく可愛いみくにゃんですから、マッチしていると感じて頂けて良かったです(^^)

>どこを残すかとそのバランスで個性が現れるわけで。それ故に強烈な個性を持つ物が現れるのが面白いのがレンズの奥深さですね♪
本当にそう思います。
一眼レフ用のレンズだから、普通なら焦点移動を一番嫌うところを、あえてそこを捨てて画質重視で非点収差対策に全振りしたところなんて、その潔さと見識と、ユーザーへの信頼には驚かされます。

ここに上げた全身像のオリジナルはハイレゾショットなんですが、アイプリの網点がシャープに解像してます。安価なテッサーですが侮れないです。
ちなみにマクロプラナーで撮った画像の方はというと、アイプリのタンポ印刷による塗料の微細な盛り上がりが解像してます。これも撮ってみて驚きましたw

>余談ですが、像面湾曲の補正を諦めてフイルム面を湾曲させた写ルンですは凄いと思います(^^)
レンズ一体だからできたこととはいえ、低コスト化と画質を両立させたのは上手いですよね。

>もっともらしい偽の情報を与えてアマチュアの上達を阻害し、プロの立場を安泰にする作戦かもしれませんよ?w
なんという深慮遠謀w
そうであったらと、素でやっちゃってるんじゃないことを願いたいですw
by (た) (2016-09-06 18:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0